スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pound for pound

あまり趣味がない人間なので、ブログを書く際のネタに困ってしまうんですが、今回はその数少ない趣味の1つのボクシングに関して書いてみようと思います。
皆さんは、Pound for pound (パウンド フォ パウンド)という言葉をご存知でしょうか? Pound for Pound とは、「異なる階級の選手を比較、対比する方法を指し示すものとして1950年代初期に『リング』誌の初代編集長ナット・フライシャーによって造られた用語」とされています。つまり、ボクシングは現在17の階級に分かれていますが、もしその階級の区別がなかったとしたら誰が一番強いかという意味における称号で、ようはボクシング界最強の称号とされています。

私は、昨年の11月に中国のマカオに、かつてのPound for pound であるマニーパッキャオという選手の試合を見に行ってきました。彼は、フライ級(約50キロ)からプロのボクシングのキャリアをはじめ、スーパーウェルター級(約70キロ)まで10階級にわたって階級を上げ、その間6階級のチャンピオンとなったボクシング界の生ける伝説とされています。彼の出身は、フィリピンのミンダナオ島という内戦が頻繁に起こる地域で、幼少期は極貧生活を送っおり、貧困から抜け出すためにボクシングをはじめたそうですが、現在の彼の1試合のファイトマネーは20億円とも言われています。
そのスーパースターの試合だけあって、チケットの価格は最前列で20万円弱、中段でも9万円くらいと破格で、また、パリス・ヒルトンやディビット・ベッカムが観戦に来るなど日本ではあり得ない試合でした。

その彼が来月の4月に試合を行う予定ですが、その開催場所は、アメリカのラスベガスです。。
是非行ってみたいものですが、時間・費用の両面からとても無理そうですので、おとなしくテレビで応援しようと思います。。。




スポンサーサイト

ランチェスター法則

先日、経営コンサルタントの方の講演に参加しました。
講演の内容ですが、かいつまんでいうと、経営における意思決定において、戦略的な理論(ランチェスター法則)に基づく意思決定が必要であることを踏まえたうえで、幾つかのモデルケースを説明して頂きました。経営における戦略的意思決定の重要さを改めて認識させていただく大変参考になる講演でした。

弁護士は中小企業の再建について、勢い法的措置(破産や民事再生等)手続きに走りがちですが、経営者にとって法的整理手続きは、多くの場合著しい事業価値の毀損を伴いひいては経営者の方の失職を招きます。

今後弁護士として、経営コンサルタントの視点から可及的に法的整理をさけられるような形で中小企業のサポートができるよう見識を広めていきたいと思います。

ブログデビュー

皆さまはじめまして。今回がブログのデビューになります。
人生で初めてのブログなので何を書いてよいか分からないのですが、職業柄守秘義務もあるので、
最初は自分の趣味に関して書こうと思います。
僕は、あまり趣味がない人間なんですが、NFLの試合を見るのが大好きなんです。
日本ではスーパーボール以外あまり注目されませんが、なかでも49ersとペイトリオッツという
チームが凄い好きなんです。
今年は49ersがスーパーボールに出場しましたね。負けちゃいましたが。。。

因みに、49erとはどういう意味かご存知でしょうか。直訳すると49の人という意味なんですが、
1848年にアメリカのカリフォルニアで金が発見されたので、その翌年に一攫千金を夢見て
カリフォルニアに殺到した人たちのことを1849年組という意味で49erというそうです。
したがって、49ersとはカリフォルニア(サンフランシスコ)のチームなんですよね。
NFLのチーム名は日本人にあまり馴染みのないチーム名が多いので、その意味でもNFLを
楽しんでみています。
以上、どうでもいいことをとりとめなく書いてしまいましたが、今後は皆さんの興味を引くようなブログを
書くように頑張りたいです。
今後ともよろしくお願いします。
プロフィール

岡山パブリック法律事務所

Author:岡山パブリック法律事務所

◆病院や介護施設で働く福祉専門職(ケースワーカーやケアマネージャー)の皆様へ◆
岡山パブリック法律事務所では、福祉専門職の方から直接、担当されている入居者・患者さんの件についてご連絡いただいた場合、その方が所属する施設への出張相談を無料で受け付けております。担当されている件でお悩みの福祉専門職の方は是非1度ご連絡ください。

◆はじめに◆
岡山パブリック法律事務所は、利用しやすい「市民の駆け込み寺」的法律事務所として、平成16年8月に地方都市で初めて開設された「都市型公設事務所」です。現在、岡山県内各地に3つの支所を開設しており、成年後見業務に特に力を入れています。現在当法人で成年後見人等に選任されている件数は300件を超えており、この分野では国内でもトップクラスの実績があります。

◆春日町本部◆
住所:岡山市北区春日町5-6岡山市勤労者福祉センター2階
TEL:086-231-1141
所長弁護士:井上雅雄

◆岡大支所◆
住所:岡山市北区津島中3丁目1-1(岡山大学文化科学系 総合研究棟1階)
TEL:086-898-1123
支所長:水谷賢

◆津山支所◆
住所:津山市京町73-2 丹沢ビル2階
TEL:0868-31-0035
支所長:高木成和

◆玉野支所◆
住所:玉野市築港1丁目17-5 サニーセブンビル202号
TEL:0863-33-6113
支所長:豊芦弘

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。