スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿部彩『弱者の居場所がない社会 貧困・格差と社会的包摂』(2011年,講談社現代新書)

を読みました。

本当は最新刊の阿部彩『子どもの貧困Ⅱ―解決策を考える』(2014年,岩波新書)を先に読んでいたのですが,津山でのセミナーのパネリスト用に読み始めたらおもしろくて先に読み終えました。私は社会的排除・社会的包摂,貧困問題については,(弁護士にしては)たくさん本を読んでいるつもりですが,今まで読んだ本の中で入門書としてぜひオススメしたい本です。

特に,絶対的貧困と相対的貧困に関する以下の説明(p68)はとても分かりやすいです。

「第二次世界大戦中そして戦後の日本は,極端な食料不足であった。大多数の子どもたちは,餓死までには至らないにしても,いつもお腹を空かせていた。これは,絶対的貧困の典型例である。一方で,2011年の現在,たとえば,クラスで一人だけ給食費が払えない子どもがいる状況は,どうであろう。みんなが同じ給食を食べているとき,その子は一人,家から持ってきた塩おにぎりを食べているとしたら。これが相対的貧困である。その子の感じる疎外感,心理的ダメージはどのようなものだろう。みんながお腹を空かせていた中で育った子どもと,一人だけ給食が食べられない子ども。どちらがより貧困の影響を受けるであろう。答えは,それほどシンプルではない。」

また,いつも統計データを基礎として論じるスタイルの著者が,第3章「つながり」「役割」「居場所」において,「関係からの排除―つながりがあるということ」「仕事からの排除―役割があるということ」「場所からの排除―居場所があること」を論じる際に,著者がかつてボランティアとして関わっていたホームレスの方々(「路上の先生」)のエピソードを紹介しているのがとても印象的でした。

あとがきでも次のように述懐されております。この文章で私は著者のことが大大好きになりました(*^-^*)。

「研究者となってから12年。私はずっと,彼らとの出会いを文章にすることができなかった。それは,彼らが生身の人間であり,彼らのエピソードはあまりにも生々しく,思い出はあまりにも痛々しく,美化した文章に描ききれるものではなかったからである。本書では,微笑ましいとも言えるエピソードを書いたが,彼らの人間のものとは思えないほど腫れあがった足や,服を脱ぐと現れる大群の虱や,相当覚悟がなければ近寄れない臭いや,彼らの生の中での悲惨な部分は書くことができなかった。私の出会った人々のすべてが今は亡き人となっていることも。そして,何よりも,彼らのことを,「メシのタネ」とすることに大きな抵抗があった。今でも,その葛藤は,私の心の中に渦巻いている。」

「だが,(中略)私は社会的排除/包摂というトピックについて,彼らのことなしに考えることはできない。社会的排除を,抽象的な理論や,無機質なデータで語ることができない。私が知る社会的排除は,虱や体臭のように生々しく,リアルで,社会的包摂は,大地のように「人間の生」にとって決定的な基盤だからである。私は,社会的排除を抽象的に語ることができない。「この生々しさをわかってほしい。」叫びたいような,この衝動を抑えることができなかったのである。」

私も「弁護士」として,同じような葛藤に苦しみながら,日々の仕事をしたいと思っています。
スポンサーサイト

奥田知志・茂木健一郎(2013年)『「助けて」と言える国へ』集英社新書

を読みました。

キリスト教の牧師として,釜ヶ崎で日雇い野宿労働者の支援活動を始め,現在はNPO法人北九州ホームレス支援機構の理事長である奥田知志さんと脳科学者茂木健一郎さんの対談本ですが,奥田知志さんの言葉は,対人援助の現場にいる人間として,とても心を揺さぶられました。特に207頁以降の「「絆は傷を含む―弱さを誇るということ」は,対談で散りばめられた奥田知志さんのお考えが集約されており,涙が出てきそうになりました。明日からまた仕事を頑張ろうと思える本ですので,ぜひぜひご一読下さい!!

(36~37頁)
 私は,時々大学の神学部に牧師の卵を教えにいきます。彼らに「皆さんの目指しているいい牧師さんとはどんな牧師ですか?」と訊くと,総じて返ってくる答えは,「愛する技術を持っている」ということです。傾聴の技術があるとか,すぐに対応できるとか,聖書の話が上手にできるとか色々ありますが,全て「愛する技術」に関することです。
 かつては私もそういうふうに考えていました。でも,今となっては,そんな牧師は傲慢で気持ちが悪いと思います。「愛される技術」といったら語弊があるかもしれませんが,愛するという能動的なものだけではなく,愛されるという受動的なものにも重点を置いていない牧師は気持ちが悪い。「助けてます」みたいなものではなく,「俺は助けてもらえないと生きられないんだ」というところを正直に見せることです。(中略)牧師でも医者でも,特に対人援助の現場にいる人たちには,そういう自己認識が必要ではないかと思います。

(240頁)
人と人が本当に出会い絆を結ぶ時,喜びは倍加する。しかし傷つく。それは避けては通れない。出会った証と思えばいい。長年支援の現場で確認し続けたことは,「絆(きずな)は傷(きず)を含む」ということだ。傷つくことなしに誰かと出会い,絆を結ぶことはできない。誰かが自分のために傷ついてくれる時,私たちは自分は生きていいのだと確認する。同様に自分が傷つくことによって誰かが癒やされるのなら,自らの存在意義を見出せる。絆は,自己有用感や自己尊重意識で構成される。これが絆の相互性の中身だ。

(242頁)
「健全に傷つくことができる」ことを保障するのが社会なのだ。地域やボランティア,NPOは,いわば「人が健全に傷つくための仕組み」だと言える。         絆の傷は人を生かす絆である。致命傷にしてはならない。独りよがりの自虐的な傷でもない。国によって犠牲的精神が吹聴される時代の危険を認識しつつも,他者を生かし自分を生かすための傷が必要であることを確認したい。絆とは「傷つく営み」である。22年間の路上の支援で,多くの傷を受けた。正直,しんどかった。でも,自分のような者が生きていていいのだと,常に励まされてきた。

(244頁)
ある元日雇い野宿労働者が「ホームレス支援の講座」で子どもたちに語りかけた言葉
「あのね,おじさん自分で頑張るしかないと思って生きてきたんだけれど,この世の中には助けてくれる人はいたんだよ。『助けて』と言えた日が助かった日だったよ。」

『先祖になる』池谷薫(2012年)

をシネマクレールで観ました。

この2年間で観た映画で最も素晴らしい映画でした。号泣し過ぎて,劇場から出るのが恥ずかしくて仕方がありませんでした。

昭和9年生まれの岩手県陸前高田市気仙町に住む佐藤直志さんにまざしを向けたドキュメンタリーです。詳しい物語は,私なんかが説明するよりも,HPで読んでもらった方が絶対にいいです。
http://senzoninaru.com/

震災から約1か月後の佐藤さんとロングインタビューから始まり(このショットは監督が初めて佐藤さんのご自宅を訪問したときのものらしいです!!),何の希望も見出せないような光景の土地で,佐藤さんを軸として,美しい四季の流れと作物の成長と人々の「復興」と感情の揺れが見事にリンクしながら,ストーリーが展開します。

(以下ネタバレあり)

毎朝,メガホンを使って佐藤さんと同じく仮設住宅に行かずに気仙町に残った管野剛さんに挨拶する佐藤さん,
消防団員としておばあちゃんを背負って逃げる途中に津波に流れされて亡くなった長男を拝む佐藤さんとお嫁さん,
浸水地域からの立ち退きを求める若い職員の両手を握りながらゆっくりと話し合う佐藤さん,
がれきの上にそばの種をまいたり,チェーンソーの刃を研いだり,家を建て直すために津波で枯れた杉をチェーンソーで伐採する佐藤さんの営み
震災後間もない時期に「けんか七夕」を開催した皆さん,
町内会解散の危機に対して「けんか七夕」で気持ちを叫ぶ青年団のリーダー,
地鎮祭が終わって佐藤さんに泣きながら「頑張って。」と声をかける山伏さん,
佐藤さんの気持ちに理解をしながらも,「安心を安全」を求めて別居して暮らしている複雑な感情に揺れる奥さん,
杉を伐採した後の神事を佐藤さんから静かに教わる若者たち,
自宅解体後に自宅脇の納屋で暮らす佐藤さん,
佐藤さんの新居の棟上げに集まったコミュニティの皆さん,
佐藤さんの新居を訪問した,佐藤さんの長男が亡くなった翌日に生まれたお孫さん
ラストシーン,新居で美しい光に包まれる佐藤さん
ちょっと感情が揺さぶられ過ぎて,この文章を書きつつも思い出して泣けてきました。

無条件に世界中の人に観て欲しい映画です。きっときっと一生忘れられない映画になると思います。

しかし,シネマ・クレールでは7月26日(金)まで午前10時の1回上映のみです(涙)。
(広島のサロンシネマでは8月3日(土)~8月16日(金)のようです。)
もし,最寄りの映画館で上映されることがあり,興味がある方はぜひぜひご覧下さい。

石川寛『ペタルダンス』(2013年)

を観ました。

石川寛の『tokyo.sora』(2002)『好きだ,』(2006)は,私にとって世界最後の日に観る映画の2本で,7年ぶりの新作をやっと観ることができて,はじまる前から超テンション高かったです。しかも,入場番号1で,入場できるようになってもお客さんは来ず。結局お客さんは私1人だけでした。

パンフレットのイントロダクションによれば,「大学時代からの友だち,ジンコと素子は驚くような話を耳にした。6年間会うことのなかったクラスメートのミキが,みずから海に飛びこんだらしい,と。ふたりは,ジンコがたまたま出会った原木と一緒に,一命を取りとめたミキの暮らす町へ向かう。北の果てにある風の町へ――。」というストーリーです。

石川寛は,撮影の時制を厳守し(映画の中の時間どおりの順番で撮影する。),撮影の日の朝にプロットや言葉の断片を書いた手紙をそれぞれの俳優に渡し,そこで生成する空気をすくい取るという演出が特長の監督です。

『ペタルダンス』でも,特に,原木役の忽那汐里が,突然音信不通になって生きているかどうか分からない友人のキョウコ(韓英恵)のことを想う表情とか本当に素晴らしくて,もう表情を観てるだけで泣けてきました。また,素子役の安藤サクラも,何気ない会話の中で聞き返したり反芻したり,ただ笑ったりなのに,そのときの感情が読み取れるような絶妙の間のとり方で,とてもとても素敵でした。

最初から徹底してどんよりしたグレーの強い画面を続けて,同じ画面でフォーカスを少しずらしたり戻したりで感情のぶれを表現したりと,映像表現も素晴らしく,最後のシーンの光の演出でもう涙が止まらなくて。恥ずかしいくらい泣いていたので,他のお客さんがいなくてよかったです。

色んな感情が,小さな花びら(petals)のように風で舞ったり,地面に落ちたり地面を転がったり,地面から風に乗ってまた舞ったりと,丁寧に丁寧に積み重ねられた映画でした。観終わった後,ことばにできない感情を,誰かに少しだけ抱えてもらったり,話はしなくても誰かと一緒に同じ空や海を見ながら時間を共有してもらったり,そんなことがとても愛おしく思えました。

万人に気に入ってもらえる自信は全くありませんが,もしお近くの映画館で上映しててお時間があったらぜひご覧下さいませ。

『少年と自転車』ジャン=リュック&ピエール・ダルデンヌ,2011年

を観ました(内容を書いてるので観る予定の人は読まない方がいいです。)。

大学の頃に『イゴールの約束』を扇町ミュージアムスクエアで観て以来,私はこの兄弟監督の作品をこよなく愛しているのですが,『少年と自転車』も本当に愛おしい映画でした。

児童養護施設に預けられたもうすぐ12歳になるシリルは,父が転居先を知らせずに引越し,大事な自転車を勝手に売ってしまったことを信じられず,施設や学校を脱走しては父と自転車を探し求めます。ようやく見つけた父からは,「もう会いに来るな。」「電話はしない」と拒絶されてちゃって。父に拒絶された帰りのシーンでは,車の後部座席から斜め前の助手席に座ってるシリルの横顔をずーっと映しているのですが,全く表情が変わらないまま,その後突然自傷行為に至るのですが,とてもとても素晴らしい心理描写でした。

シリルの週末だけの...里親になるサマンサも,どうして父に売られた自転車を買い戻したのか,里親になることを承諾したのかについての経緯は全く描かれず,完全に観客の想像に委ねています。最初の方でサマンサはシリルに言葉での表出を求めてしまって,シリルが美容院の洗髪台でひたすら無言で水を流し続けることの意味を理解できずに苛立つシーンなんて,何てリアルなんだろうと思いました。

シリルは,その後,地元のワルに惹かれて犯罪(強盗)に至ってしまうのですが,慕っていたワルからも,盗ったお金を渡しに行った父にも拒絶され,夜の道を自転車で必死で疾走するのですが,そのシーンを長いことカメラが追ってて(さすがにあのシーンは同時録音ではないと思いますが。),とてもとても素晴らしいシーンで,石川寛『tokyo.sora』の走るシーンを思い出して,涙が出てきました。

そして,法(「言葉」)による解決の後,サマンサと自転車を交換して乗るシーン(これまでのシリルと自転車とカメラの距離関係と不安定さとの対比も素晴らしいです。)と草むらでサンドイッチを食べるシーンで,シリルとサマンサの言葉によらない濃密な感情の交流を演出するあたり,もう憎らしくって仕方ありません。

ラストシーンは,ダルデンヌ兄弟のいつもの映画のとおり,「ここで終わるか?」って感じの,ある意味期待どおりの終わり方で,この映画はシリルの「ある時間」を切り取っただけで,その後についてはまた犯罪を繰り返すかもしれないし,サマンサとの関係が切れるかもしれない危うさを残しつつも,少年が周囲の愛によっていかようにも変わりうることを想像させるような終わり方で,もう思い出すだけでじわじわ泣けてきます。

たまたま昨日,NPO法人子どもシェルターモモの定期総会に出席したり,今日は「まじくるフェスタin岡山」でNPO法人岡山・ホームレス支援きずな,NPO法人メンターネット,モモ,NPO法人おかやま入居支援センターのお話を聞いたのもあって,寄り添って支援することの大切さと難しさを考えていた時期に,この映画に出会うことができて本当によかったです。

岡山ではシネマクレールでしばらく上映しているので,興味のある方はぜひぜひどうぞ。

http://www.bitters.co.jp/jitensha/
プロフィール

岡山パブリック法律事務所

Author:岡山パブリック法律事務所

◆病院や介護施設で働く福祉専門職(ケースワーカーやケアマネージャー)の皆様へ◆
岡山パブリック法律事務所では、福祉専門職の方から直接、担当されている入居者・患者さんの件についてご連絡いただいた場合、その方が所属する施設への出張相談を無料で受け付けております。担当されている件でお悩みの福祉専門職の方は是非1度ご連絡ください。

◆はじめに◆
岡山パブリック法律事務所は、利用しやすい「市民の駆け込み寺」的法律事務所として、平成16年8月に地方都市で初めて開設された「都市型公設事務所」です。現在、岡山県内各地に3つの支所を開設しており、成年後見業務に特に力を入れています。現在当法人で成年後見人等に選任されている件数は300件を超えており、この分野では国内でもトップクラスの実績があります。

◆春日町本部◆
住所:岡山市北区春日町5-6岡山市勤労者福祉センター2階
TEL:086-231-1141
所長弁護士:井上雅雄

◆岡大支所◆
住所:岡山市北区津島中3丁目1-1(岡山大学文化科学系 総合研究棟1階)
TEL:086-898-1123
支所長:水谷賢

◆津山支所◆
住所:津山市京町73-2 丹沢ビル2階
TEL:0868-31-0035
支所長:高木成和

◆玉野支所◆
住所:玉野市築港1丁目17-5 サニーセブンビル202号
TEL:0863-33-6113
支所長:豊芦弘

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。