FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日から10年

 今日は、ハンセン病訴訟における、国の隔離政策の過ちと、それに基づく賠償責任を正面から認めた熊本地裁判決について、当時の小泉首相が控訴断念を発表した、あの劇的な日から、ちょうど10年目の記念日です。私はあの夜、弁護団の一員として、有楽町駅前の沸き返るような「祝勝会場」にいました。ハンセン病療養所「長島愛生園」で原告の方々と喜びを分かち合った熊本地裁判決当日の1日とともに、10年経った今でも鮮明に記憶に残っている、本当に素晴らしい1日でした。

 この訴訟で弁護団は、「被害に始まり、被害に終わる」をスローガンに、毎週のように療養所に足を運んで、隔離政策による被害の実態の把握に努めました。また、なまじ法律家としての経験則がある弁護団のメンバーよりも、隔離政策による被害を身をもって経験されてきた元患者の方々の方が、控訴断念を勝ち取ることについて、より強い確信をお持ちでした。この種の訴訟では、被害実態の正しい理解が何よりも重要であることを、あらためて痛感します。

 現在、各地のハンセン病療養所の将来構想が打ち出されていますが、その実現への道のりは容易ではないのが実情です。また、残念ながらハンセン病患者・元患者の方々に対する差別・偏見が無くなったわけではない現状に鑑みても、この訴訟のスローガンであった「人間回復」は、未だ道半ばであると言わざるをえません。判決と控訴断念の10周年を機に、この問題について、皆さんにご理解を深めていただくことを、願ってやみません。 

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡山パブリック法律事務所

Author:岡山パブリック法律事務所

◆病院や介護施設で働く福祉専門職(ケースワーカーやケアマネージャー)の皆様へ◆
岡山パブリック法律事務所では、福祉専門職の方から直接、担当されている入居者・患者さんの件についてご連絡いただいた場合、その方が所属する施設への出張相談を無料で受け付けております。担当されている件でお悩みの福祉専門職の方は是非1度ご連絡ください。

◆はじめに◆
岡山パブリック法律事務所は、利用しやすい「市民の駆け込み寺」的法律事務所として、平成16年8月に地方都市で初めて開設された「都市型公設事務所」です。現在、岡山県内各地に3つの支所を開設しており、成年後見業務に特に力を入れています。現在当法人で成年後見人等に選任されている件数は300件を超えており、この分野では国内でもトップクラスの実績があります。

◆春日町本部◆
住所:岡山市北区春日町5-6岡山市勤労者福祉センター2階
TEL:086-231-1141
所長弁護士:井上雅雄

◆岡大支所◆
住所:岡山市北区津島中3丁目1-1(岡山大学文化科学系 総合研究棟1階)
TEL:086-898-1123
支所長:水谷賢

◆津山支所◆
住所:津山市京町73-2 丹沢ビル2階
TEL:0868-31-0035
支所長:高木成和

◆玉野支所◆
住所:玉野市築港1丁目17-5 サニーセブンビル202号
TEL:0863-33-6113
支所長:豊芦弘

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。