FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「阿仆大(アプダ)」和淵(He Yuan),2010年

中国雲南省北部の少数民族である納西(ナシ)族のアプダとそのお父さんのドキュメンタリーです。

とにかく固定カメラで長回し,しかも,狭い家の中でアプダのベッドとお父さんのベッドのカットがほとんどで,145分と長めの映画なのですが,1秒も眠くありませんでした。

といっても,予備知識なしで観たこともあって,アプダが疲れてボーッとしたり,起きて眠そうにしたり,お湯沸かしたり,松脂とりに行ったり,ベッドには服が積み重なったり,それなのに「暇がない」って言ったりで,何だかだらしない人に見えて,監督がどうしてこの人に興味を持ったのかイマイチ分からない時間が続きました。

しかし,ずーっと観てると,アプダがお父さんの足を伸ばしたり服を着替えたり体を洗ったりする「介護」の時間は言葉はないんですがものすごく濃密なシーンで,しかも,誰もいないベッドを映しつつ隣で行われているお父さんとアプダの様子を音だけで表現することで感情を増幅する演出だったり(音におそろしいほどこだわっているのがよく分かりました。),また,狭い室内に撮影している監督がいるはずなのにアプダやお父さんは全く気にしてない様子(来訪した叔父さんはカメラを意識してました。)を観て,監督とアプダとお父さんとどれだけ膨大な時間を積み重ねて信頼関係を築いたのかと思ったりしながら,じわじわとアプダ,お父さん,監督の関係に溶け込んで行って,もうアプダやお父さんが愛おしくてたまらなくなってきました。こんな経験は,初めてペドロ・コスタの『ヴァンダの部屋』を観たとき以来でした。和淵監督はロベール・ブレッソンを敬愛していることを明言されていますが。

そして,ラスト30分は本当に素晴らしくて素晴らしくて,特に花の指輪のシーンなんて,もう涙が止まらなくて止まらなくて,終わっても思い出しては涙が出てきました。生きているうちにこんなに素晴らしい映画に出会うことができて,本当に本当に幸せです。

あまりに感動してしまったので,カフェで監督と偶然お会いしたときに握手を求めてしまいました。

今後,この映画がどこかで上映されるかどうか現段階で分かりませんが,ぜひ多くの人に観て欲しいと思います。

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡山パブリック法律事務所

Author:岡山パブリック法律事務所

◆病院や介護施設で働く福祉専門職(ケースワーカーやケアマネージャー)の皆様へ◆
岡山パブリック法律事務所では、福祉専門職の方から直接、担当されている入居者・患者さんの件についてご連絡いただいた場合、その方が所属する施設への出張相談を無料で受け付けております。担当されている件でお悩みの福祉専門職の方は是非1度ご連絡ください。

◆はじめに◆
岡山パブリック法律事務所は、利用しやすい「市民の駆け込み寺」的法律事務所として、平成16年8月に地方都市で初めて開設された「都市型公設事務所」です。現在、岡山県内各地に3つの支所を開設しており、成年後見業務に特に力を入れています。現在当法人で成年後見人等に選任されている件数は300件を超えており、この分野では国内でもトップクラスの実績があります。

◆春日町本部◆
住所:岡山市北区春日町5-6岡山市勤労者福祉センター2階
TEL:086-231-1141
所長弁護士:井上雅雄

◆岡大支所◆
住所:岡山市北区津島中3丁目1-1(岡山大学文化科学系 総合研究棟1階)
TEL:086-898-1123
支所長:水谷賢

◆津山支所◆
住所:津山市京町73-2 丹沢ビル2階
TEL:0868-31-0035
支所長:高木成和

◆玉野支所◆
住所:玉野市築港1丁目17-5 サニーセブンビル202号
TEL:0863-33-6113
支所長:豊芦弘

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。